レジャージャパン 2018 体験記

子どももOK

東京ビッグサイトで開催された、レジャージャパン2018(テーマパークEXPO、ライブ&シアターEXPO、レジャー&アウトドアEXPO)に仕事を休んで行ってきました。本当は子供と一緒に行きたかったのですが、うまくスケジュールが合わなかったので、私、一人で・・・。
※ターゲットは、遊戯施設の運営者等ですが、主催者側スタッフの方に確認したら、子ども入場してOKとのことでした。

実際に行ってみて、率直な感想は、「来年はぜったい、子どもと行きたい!」です。

子どもが喜ぶ要素

1.子どもが大好きな、恐竜の等身大(と言っていいのかな?)のフィギュアが展示されていた。(中には乗れる恐竜もあった)

(↑の卵の中に入って記念撮影も可でした)

2.無料で体験できるVRゲームが5~6種類あった。(たぶん、ROUND1とかにいったら、1回300円くらい取られそうなゲームがやり放題←もちろん節度は守りましょう)

※上の写真は、VRグラスをかけてカートに乗って、相手の頭上にいる怪獣を攻撃して点数を競うゲーム。係のお姉さんと対戦しました。お相手、ありがとうございました。

3.ステージエリアで、手品のデモンストレーションが見られた。(もちろん無料)

4.子どもの喜びそうなオモチャで、まだ世の中にあまり知られていないものを発見できた。

などです。

これは良いな、と思った商品やサービスのをいくつかご紹介します。

ひかるクレヨン(三笠産業)

以下がセットになったものを、特別価格1,500円で売っていました。(Amazonで調べたら2,000円)

「ひかるクレヨン」・・・ブラックライトを当てると光るクレヨン、4色
「ほたるクレヨン」・・・光を蓄積し暗いところで光るクレヨン、1色
「普通のクレヨン」・・・5色(赤、黄、緑、青、黒)
「ブラックライト付き キラキラシークレットペン」

お絵かき好きの我が家の小さな画伯が喜びそうだなと思って、お土産替わりに買いました。

パッケージに書いてある説明によると
「通常のクレヨンで書いた描いた上に、光るクレヨンで星を描けば、ブラックライトで夜空になったり・・・」とのことで、楽しい絵を描いてくれることを楽しみにしています。

・VRゲーム

以前、「ジョーバ」という健康フィットネス器具が流行りましたが、それをVR画像と連動させて、競馬ゲームにしてました。
実際に体験しましたが、馬が障害物を飛び越える映像のときは、ジョーバもそれに合わせた動きで、本当に臨場感のある面白いゲームでした。
終わった後、ちょっと酔いましたが・・・。

SNS映えする背景ボード作成

段ボールを使って背景ボードを作成し、低コストフォトスポットが作れることをアピールしていました。段ボールだから設営撤去簡単!がウリのようです。

1.流行に沿った背景を手軽に作成・設営し、集客したい場所に設置

2.来場者自身に、撮影した画像をSNSで拡散してもらうことで、訪問者を増やすことが可能!

ということでした。

これ、地方自治体などのお祭り集客ツールとしてとても良いと思いました。(株式会社TMF)

・1㎡に収まるコンパクトなプリクラ機

設置者側の費用負担は電気代のみ(月額2,000円程度とのこと)で、プリクラを設置できる。つまりプリクラ機自体は無償で借りられる(辰巳電子工業)

GLOBBER

3輪のスキップボードで、アレンジにより1歳から50kgの子供まで楽しめる。フランス製。個人的に買ってみたい。

他にも、たくさん子どもが喜びそうなアイテムが展示されていましたが、私が行った時には子どもは一人も見当たりませんでした。きっと、子ども向けとは謳っていないからですね。

でも、このイベントがターゲットとしている遊戯施設の運営者も、子どもが楽しそうに遊んでいる姿をみたらその設備やサービスに興味を持つと思うので、もっと「お子さんも連れてきて!」とアピールするといいんじゃないかな、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。