子育て世代に嬉しいマンション

マンション探しをするにあたって、検討する項目は数多あるけど、

自分の立場に照らして考えると、子育てがしやすいマンション、というのは重要な着眼点だと思う。じゃぁ、何がどうだと子育てがしやすいのか、という点について、ブレストしてみる。

1.室内

1-1.

防犯上、2階以上の物件を選ぶ可能性が高いが、そうすると気になるのは、子ども(特に乳幼児)がベランダから落下しないか、という点。

さすがに、新築マンションなら大丈夫だと思うけど、一応、注意が必要。どの程度の高さの手すりだったら大丈夫だろう?

1-2.

キッチンに乳幼児が入ってくると、思わぬ事故等で、火傷をさせてしまう可能性がある。子どもが小さいうちは、アイランドタイプのキッチンは避けて、カウンタータイプを選ぼうと思う。

1-3.

乳幼児を風呂に入れる時は、バスルームの内と外で担当を分けたほうがいいと思うが、バスルーム内から外に対して、呼び出しができる機能があると嬉しい。

1-4.

ドアを閉めるときに、壁とドアの間で指詰めをしてしまう危険がある。仮に挟んでも、大けがをしない仕組みになっていると助かる。

1-5.

何年か前に、子供がドラム式洗濯機内で遺体で見つかる事故があった。洗濯機側でも、事故防止策がとられていると思うが、ランドリールームに子供が勝手に入ってこられない仕組みがあると良い

2.室外(マンション内)

2-1.

前に住んでいた賃貸マンションでは、マンション内にキッズルームがあって、雨の日とか、夏・冬の気候が厳しい日は重宝した。

2-2.

ある程度、子供が大きくなると、マンション内を子供一人で動き回ることが予想されるが、マンション内に死角があると、いたずらなどされないか心配。共用部分にはできるだけ監視カメラが欲しい。

3.ロケーション

マンションの近隣に、保育園・幼稚園、児童館、小中学校、小児用医療施設があると安心。風俗施設や飲み屋街などが無いかも重要。

と、いろいろと調べながら書いていたら、自治体が、子育てに向いたマンションを認定する制度があるらしい。

東京都だったら、

「東京都子育て支援住宅認定制度」という名称。

東京都のホームページに詳細が記載されているので、

興味あれば、そちらを参照。

で、その中で、意味が分からなかった用語を調べてみた。

「ワイドスイッチの設置」

照明を着ける時のスイッチで、大きくて押しやすいもののこと。

画像で見ると、ああ、あれか。という感じ。

「ドアクローザー」

ドアがゆっくりしまるように調節するための装置。分譲マンションなら、後付けで自分で付けるのもアリかも。

「引き残し確保」

スライドドアの場合に、めいっぱいドアを開けても、ドアバーの引き手が

控え壁に当たらないようにすること。(説明動画、どっかに無いかな・・・)

「スロップシンク」

泥がいっぱいついた靴などをざっくり洗える流し台。スロップシンクで検索すると画像がいっぱい出てくる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。